不動産担保ローンの種類について

押さえておきたい!不動産担保ローンで頭を抱える前にmainイメージ

不動産担保ローンにも種類があり、それぞれ性格が異なります。使用用途は原則自由ですが、金融商品の購入や事業資金に使用することはできません。

不動産担保ローンの種類について

一口に不動産担保ローンといいますが、全て同じではありません。

実は商品によって使用用途や条件、対象としている年齢も様々です。

■不動産担保ローンは誰向けか■

金融機関によって異なる部分はありますが、不動産担保ローンは個人でも事業者でも受けることができます。

個人向けと事業主向けで借入条件や融資用途が変わってきますので、事前に確認をするようにしましょう。

また個人向けでも、ホームエクイティローンやリバースモーゲージなどがあります。

どちらも不動産担保ローンですが、ホームエクイティローンは40~50代を対象とし、リバースモーゲージは高齢者を対象としています。

■資金用途■

不動産担保ローンの使用用途は原則自由となっています。

個人の場合であれば、リフォームや旅行費用、自動車の購入や教育資金など、幅広く使用することができます。

この場合は金融商品の購入や事業性資金に使用することは不可とされています。

個人の範囲内であれば自由というのはとても便利なローンだと思います。

国の制度を受けても資金調達が難しい場面では不動産担保ローンを検討するのも手だと思います。

勿論、希望額を全額貸し付けてもらえるわけではありませんが、無担保ローンよりはまとまった融資を受けられるのは確かです。

不動産担保ローンの用途は対象年齢や商品によって異なってきます。

金利や返済期限以外にも条件や用途などをきちんと確認し、自分に合ったローンを探しましょう。

Copyright 押さえておきたい!不動産担保ローンで頭を抱える前に. All Rights Reserved.